FC2ブログ

観劇。 

今日はPARCOで行われてる、
「幸せ最高ありがとうマジで!」を改めて観てきた。

あっ先月はキグレNEWサーカスを観てきた。
サーカスを観るのは子供の時以来だ。
割と空席の多い客席のほぼ最前列で、
子供連れ家族と並んで観た。
中盤まんまとピエロに連行されピンを浴びて会場中央へ・・。
人差し指を立てて掲げるようジェスチャーにて指示され
それに従うとグルグルと回転をかけた巨大ビニールボールを
指先に乗っけてくれた・・・。
ご褒美は、そんな間抜け姿のポラロイド写真。
全体的にはとても雰囲気の良い感じで好感が持てた。
シルクドソレイユ系は観たことないけど、
チビッコ連れには是非オススメしたくなる感じ。

純粋に観客に徹せれず、どうしてもスタッフワークに目がいってしまう。
そしてそれがとても完成されていて見ていて一番面白かった。
さっきまでジャグリングをしていたお兄さんがハケたと思ったら、
直ぐに黒服に身を包み観客から丸見えの舞台横に出てくる。
想像だが「さっきのあそこでのタイミングは違かったかなぁ~気づいたぁ?」
みたいな会話を隣のお兄さんと進行中の舞台を見ずに話をしている。
とおもむろに立ち上がると舞台上の演技のアシストをパッとこなす。
その「もう何百回とやってるから見て無くても分かります~」的な
余裕ぶっこき仕事がたまらなくステキだった。
なんせその仕事というのが、使用済みで投げ込まれるボールを受け取ったり
するだけでも毎回同じじゃないだろうから大変だと思うのに、
人の中吊りを操作する綱元作業だったり、命綱の操作だったりするからだ。
「おいおいそんな人の命を預かるような重要な仕事を世間話しながらするなぁ~」
とついつい思ってみているのだが、そんな心配を余所に完璧に遂行されていく。
世間話の合間あいまに・・・・。
一人だけ前半からずっと裏方に徹しているお兄さんがいたので、
「この人は裏方専門の人か?」とその綱元さばきにも惚れ惚れしていたら、
なんとその人が後半でもっとも激しいバイクでの曲芸をこなし、
メインである空中ブランコをやっていた・・・。
恐るべしサーカス。演技者と裏方の割合が均等である。



スポンサーサイト



[ 2008/11/07 07:03 ] 観劇 | TB(0) | CM(32)
COUNTER
ワークショップ情報
福澤諭志と至福団の合同企画。  舞台監督/演出部/大道具/小道具など 色々と考えてみる。    ワークショップというか研究会。 一般の参加者も受付中                    
<参加希望はMailを→>
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ふくざわさとし

Author:ふくざわさとし
福澤諭志
舞台監督
初代至福団団長
質問/相談/随時受け付け