FC2ブログ

傾斜話の続き 

唐突ですが「わが闇」傾斜のお話の続き。
訳分からん人は過去ログを読んで下さい。
幻滅系ネタバレかもしれないのでご注意を。

傾斜させたはいいが、降ろす音が大き過ぎる問題。
要因は油圧ジャッキではある程度の下降制御はできるものの
重量が重量なだけに、ズンッと緩めではあるが
制御するまもなく、すぐに降りてしまう。
で、ドンって音がしてしまう。
仕込み当日の昇降テストをやって
「これでは演出のOKが出ない・・・」
と家に帰ってネット検索。
考えたのは油圧式じゃなくて機械式とよばれる
ジャッキで降ろすこと。
となればパンタグラフジャッキ。
ということで耐荷重3トンのパンタグラフジャッキを検索。
・・・が無い。
どれもあるのは1.5トンまで、それ以上になると
油圧かエアージャッキになってしまう。
とぐるぐる探っていると外車専門4WDの店で
2t対応のパンタグラフジャッキを発見しかもお店は神奈川。
翌朝、劇場に入るなり電話で予約をして
制作助手に車で買いに走ってもらい6台を購入。
在庫があって良かった。
結果はすこぶる良好。
要するに手回しだから頑張ればなんとか出来る範囲。
もう上げる時より静かに微妙に降ろすことが出来ました。
まぁ色々と裏テクが必要なわけですが、それは内緒。
それをで下降させるための専用補助金具も造ったしね。
何より驚きなのがそのパンタグラフジャッキのお値段。
1台1500円!!!!!!
ウン百万かけて造った装置を持ち上げて、
降ろすための救世主が1500円!
ビバ!ローテク。

傾斜に関しては以上!
ご質問があればお答えしますけど・・。
では~。

スポンサーサイト




[ 2008/02/23 02:21 ] 個人 | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/02/23 12:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
COUNTER
ワークショップ情報
福澤諭志と至福団の合同企画。  舞台監督/演出部/大道具/小道具など 色々と考えてみる。    ワークショップというか研究会。 一般の参加者も受付中                    
<参加希望はMailを→>
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ふくざわさとし

Author:ふくざわさとし
福澤諭志
舞台監督
初代至福団団長
質問/相談/随時受け付け