FC2ブログ

WORKSHOP 

退団したにも関わらず団員を集めワークショップをしたいと思っている。
団員に開催予告をしたにも関わらず、諸々諸事情で先に進まないでいる。
予定していた使わせてもらえる場所が使えなくなったのも痛い。
新宿村とかどっかのスペースを借りなきゃならんのかぁ~めんどい。

やろうと思っていたことは大きく三つの項目。
1日目は大道具について。
現場大道具さんや工場の大道具さんを呼んでディスカッションと実践。
といってもアレコレ言い合って、普段現場で「あっ?」と思っても
仕込み中だし、その場では言えなかったりすることを、こういう機会だからこそ
ガーガー言い合いながら楽しくみんなで大道具作ってみたら面白いかと。
僕らはいつも大道具さんに「演出や演出部は何を大事に芝居を創っているか?」
を大事に思われて仕事をしていると思う。
だとした僕らも大道具さんが何を何処を大事に想い入れて造っているかを
考えて大道具を仕込み扱っていかなければならないと思う。
・・ならないことはないんだろうけど、そんな風に相互理解が深まれば
大きく作品に反映できることが産み出せるかもしれない。
そういう意識を持てるように試みてみたい。
もちろん若い子達の技術や知識を補填するのも大目的だ。
いつもほったらかしだからね。

2日目は小道具の日。
これも高橋岳蔵さんとか小道具に強い人を呼んで
小道具の知識、技術、思い入れをアレコレ話し合えればいいと思う。
内容と目的は大道具と一緒。

3日目は舞台監督業務と演出部業務のこと。
今やこの流れだともしかしたらやれるのはこれだけか?
なんせ手っ取り早いから。
まずは基本的なこともそうだけど、それぞれどんな意識でやってるか?
これを明確にしていくだけでも面白い。
もちろんそんなことをハキハキ明確に答えられる人はいないと思うけど・・。
あとは転換表とかタイムテーブルとか上演台本とかを持ち寄って
それぞれどんなことに気をつけて、どのような作り方をしているかを
それぞれ発表して質疑応答してみるのも面白いと思っている。
あとは予算の割り振り方とか台本執筆遅れの対処方とか
各自が独自に蓄積した知識や感覚を惜しげ無く見せ合うことで、
更に研磨してみたい。

ホントは劇場とかで実践的なこともやれるといいんだけど・・。
綱元講習とか、たっぱ合わせの考え方とかね。
やりたいことは沢山ある。
誰か劇場とか2日くらい無償で貸してくれないだろうか?

うん、そろそろ真面目に場所探しとカリキュラムを考えないといけない。




スポンサーサイト




[ 2008/02/07 00:02 ] 個人 | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/02/07 17:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
COUNTER
ワークショップ情報
福澤諭志と至福団の合同企画。  舞台監督/演出部/大道具/小道具など 色々と考えてみる。    ワークショップというか研究会。 一般の参加者も受付中                    
<参加希望はMailを→>
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ふくざわさとし

Author:ふくざわさとし
福澤諭志
舞台監督
初代至福団団長
質問/相談/随時受け付け